マントヒヒ
霊長目 オナガザル科
英名: Hamadryas Baboon
学名: Papio hamadryas 
アフリカの北東部,アラビア半島南西部に分布し,低木のまばらに生えている草原に生息します。夜は険しい岩山を泊まり場として利用します。葉や果実など植物質のものを主に食べ、ときどき昆虫や小哺乳類などもとって食べます。オスのマントのような長い毛が特徴的で、メスはオスの3分の2以下の体重で体格差が大きいです。エジプト王朝では聖なる動物として崇められているとっても神聖なおサルさんです。
Copyright (C) 2004 Tokuyama Zoo All rights reserved.