コツメカワウソ
食肉目 イタチ科
英名: Oriental short-clawed otter
学名: Aonyx cinerea
カワウソの仲間の中で最も小型で、手足の爪が大変小さいため、コツメカワウソと名付けられました。その指先はとても敏感で、その触覚で器用に獲物を捕まえます。体つきも水中生活に適したつくりになっています。足には水かきがあり、後ろ足が短く、長くて太い尾は泳ぐときに舵を取ります。野性では、家族を中心とした数頭のグループで行動します。人にもよく慣れ、日本の『鵜飼い』のように、マレーシアではコツメカワウソを漁に使っています。

Copyright (C) 2004 Tokuyama Zoo All rights reserved.